Common Facilities

33階・スカイテラスエントランス・2階

誰もがうらやむ贅沢と心地よいくつろぎ。 感性を刺激するマイホーム。

  • Grand entrance 約9mの天井高を持つ大空間が広がるグランドエントランス。2階へと続く大階段とオリジナル・シャンデリア、中山ダイスケ氏によるアートを飾った大型フレーム、さらに大きく広がる窓前に設置したメッシュパネルが印象的。磨き抜かれたデザインがここに集まり、まったく新しい日常を作り上げています。1・2階の動線をドラマチックに演出する下方を広げた大階段は、舞台の主役を持つ舞台美術のよう。直径約1500mm、高さ約1700mmの大型シャンデリアは、ときめきを操るアート。空間ばかりか光を見つめる人にさえ、そのぬくもりある輝きを投写します。ダウンライトの光を受けたメッシュパネルは、多彩な光の揺らぎを描き、シャンデリアの輝きとともに、この空間の高揚感をさらに高めていきます。まるで閉幕前のオペラハウスのような空間です。
  • Reception hall レセプションホールは、大階段を上る広がる、ゲストとの待ち合いの場を想定した空間です。ここでは誰もがゆったりと寛げるように、大型の窓を2面にしつらえ心地よい明るさと開放感を演出。オーセンティックな大型ソファセット、そして書籍を積み重ねたような個性的な陶器製ライトスタンドをアクセントにプラス。伸びやかさと穏やかさが寛ぎを広げる空間に、ささやかなエスプリを利かせました。
  • Reception counter 大階段から2階へ上ると、左手奥に、コンシェルジュが様々な日常のサービスを承るレセプションカウンターがあります。カウンター正面右手には、住戸への入り口となるゲートを設置。その量サイトには天井まで伸びた美しいシャンデリアが並んでいます。シャンデリアがもたらすぬくもりのある光のゲートが、プライベートへ戻る安息を深め、パブリックへと向かう高揚を緩やかに高めます。
  • Garden Lounge
  • Private terrace プライベートテラスは、壮大なセンターコートや正面に広がるさくらの森を望みながら寛げる屋外空間です。ガーデンラウンジ、キッズルーム、プールやジムからも出入りできるため、多彩な寛ぎ方を想定し、ソファやデッキチェアなど様々な家具をご用意。四季移ろう風景とともに思い思いの開放感を満喫できます。また御影石の柱にセットしたキャンドル状のライトや植栽足元の間接照明が、手すりのカラーガラスと調和し、夜間はこの壮大な風景を背景にまるでリゾートのような感傷的なムードを演出します。
  • Kids room キッズルームは、ガーデンラウンジから見守ることもできる子どもたちのプレイルーム。屋外のプライベートテラスにも出られるので、開放感も十分です。アヒルのフィギュアが可愛らしいやわらかなラウンドソファ。ランプに羽をつけた天使をイメージしたシャンデリア。空の写真をディスプレイした天井など、子どもたちが王様気分を楽しめ、遊び心を一層膨らます空間にしつらえました。また床は子どもたちが飛び跳ねても安心なカーペット敷きとし、ラウンドソファ内の床はさらにやさしいぬくもりのあるカーペットを採用しました。

レセプションホール

レセプションホールにはゆったりとした大型のソファセットを備え、ゲストがくつろげる空間を用意しています。
ガーデンの四季折々の見晴らしながら、語らいの時を過ごせます。

ガーデンラウンジ

レセプションホールの奥には、居住者がくつろぎ語らえる空間としてモダンなインテリアを配したガーデンラウンジを備えています。

プライベートテラス

ソファを配したプライベートテラスでは、センターコートや正面に広がるパノラマに望み、四季折々の開放感を満喫しながら、リゾートのような情緒を味わうことができます。

キッズルーム

騒音・振動を気にせずに子どもたちを遊ばせることができ、雨が降っていて外で遊べないときなども、天候・気温に関係なく室内で快適に遊ばせることができます。
同世代のお友達もできやすく、社会性を育てられます。

Pool チャコールグレーの床や壁、キャンドル状のライトや間接照明などにシック&ウォームな空間としたプール。夜間の利用も刺激的です。プール槽の床面にモザイクタイルのグレー系グラデーションによる波紋模様をデザイン。水中照明や水面の揺れに呼応し、動きのある美しい構図を描きます。このプールは、生まれては消える水中アートのキャンパスです。また日中は、自然光と水面の揺らぎが奏でる煌めきを愉しむことも、グランドガーデンの緑を愉しむこともできます。心と身体の境界のないリラクゼーションを叶える空間です。

プール(プライベートテラス含む)

壁面と床をチャコールグレーで統一した空間に、波紋状にのモザイクタイルが浮き上がる空間は、水中照明や水面の揺れに呼応して幻想的な佇まいを演出します。
対岸に広がるパノラマを眺めながら、ゆっくりとしたひとときをお楽しみ下さい。

■プール利用可能時間:月・水~土曜 12:00~22:00、休日・祝日 10:00~20:00
■休業日:毎週火曜日・毎年12月30日~翌年1月3日
■利用料金:1回300円(営業時間内無制限)
※監視員常駐
※水泳が上手くなりたい方のためのワンポイントアドバイス実施中
※原則、居住者またはその同伴者のみ利用可能です。

Gym さらに身体のリフレッシュを楽しみたい方のために、プールの奥にジムをご用意しました。ランニングマシン、エアロバイク、ステッパー他、人気のトレーニングマシンを揃えています。グランドガーデンの開放的な風景を望みながらトレーニングに取り組むことも、時にはプライベートテラスで休憩することもできます。建物内という身近な場所に、プールやジムなどのウエルネスを支える施設を備えることこそ、居住者のみなさまの真のリラクゼーションの実現につながる。「ブリリア有明スカイタワー」はそう考えています。

ジム

身体のリフレッシュを楽しみたい方のために、ランニングマシン・エアロバイク・ステッパー等を備えたジムを併設しています。
グランドガーデンの開放的な風景に臨みながら汗を流すも、時にプライベートテラスで憩いのひとときを過ごすも、思いのままの贅沢な時間を過ごすことができる特別な空間です。

■ジム利用可能時間:月~土曜 7:00~22:00、休日・祝日 9:00~20:00
■休業日:毎年12月30日~翌年1月3日
■利用料金:1回200円(営業時間内無制限)

森田恭通

GLAMOROUS co.,ltd.

アート、自然、人が共存する“、モダンミュージアム”を求めて。

「アートは心を豊かさを、自然は心に安らぎをもたらす」
そう語るのは、主な共用空間のデザインを担当したGLAMOROUS代表・森田恭通氏。「アートと自然が人と共存することによって、 ゆとりある暮らしがうまれる」そんなモダンミュージアムという発想が共用部のデザインコンセプトになりました。 共用施設には、自然をモチーフとしたデザインやアーティストの数々の作品を採用。またオリジナルのインタリアデザインも 多くグランドエントランスのシャンデリアや書籍を積み重ねたような陶器製ライトスタンドは森田氏自身のデザインです。 「デザインには“HappySurprise”が必要です。人の気持ちを心地よく刺激するデザインは、きっと心を豊かにしてくれる」と語ります。

森田恭通
1967年大阪生まれ。1996年森田恭通デザインオフィスを設立、その後2000年GLAMOROUS co.,ltd.に社名変更。2001の本校プロジェクトを皮切りに、ニューヨーク、 ロンドン、上海など海外へ活躍の場を拡大。国内外の有名ホテルやショップなど数多くのデザインをはじめ、 グラフィックやプロダクトといった幅広い創作活動を行っている。

33階・スカイテラスエントランス・2階

Copyright (C) Tokyo Tatemono Real Estate Sales Co.,Ltd. All Rights Reserved.